2008年09月29日

新月に願って夢をかなえる

今日は新月新月です。
昨日、グリーンフラスコのセミナー、岡本翔子さんの「月のリズムで夢をかなえよう!」に参加しました。
岡本翔子さんは、心理学的アプローチをする西洋占星術を専門とされている心理占星学研究の第一人者といわれている方です。

セミナーの次の日(今日)が新月新月ということもあり、「新月に願って夢をかなえる」という特に新月をクローズアップしたお話でした。

太陽晴れは「意識」、自我や性格、月三日月は「無意識」、本能や気質を象徴します。
月と太陽が同じ方向(角度)にあるときが新月です。
つまり、月がもっとも太陽に近づくとき、それぞれの象徴である無意識と意識が出会うときとなるので、直感(ひらめき、アイデア)が宿りやすく、一貫性のある形でものごとを願えるようになります。

新月で願ったことを、次の新月までの28日の間の三日月三日月、満月満月、下限の月などのタイミングで、決断、評価、検討、発展させていきます。

28日の1サイクルでさくっと願いがかなうわけはなく(かなうこともあるでしょうけど!)、28日サイクルで少しずつ小さい願いをかなえ続けること、その28日サイクルを積み重ねることで、あ〜ら不思議、ふと気づくと願いがかなっちゃうわけですね〜。
新月に願って、な〜んにもせずに「28日たった!願い事はかなったかな〜」じゃないです。ん〜、残念。(笑)
願いを評価したり、検討したり…という1つ1つの過程が大事なんですよね。

ここ数年、「無意識の意識化」に興味津々な私(笑)なので、月三日月の力を借りて「無意識の意識化」訓練しつつ、願いもかなえちゃお〜!とさっそく今日の新月から28日サイクルをスタートしちゃいます。

『MOON BOOK 2009』(アスペクトより10月10日発売 1,200円)も購入しました。
…先生のサイン付。(^o^)
月の満ち欠けカレンダーに、月の星座を意識した過ごし方やお料理レシピ(!)などが記載されていて、月のリズムを生活に活かすヒントが満載の手帳です。


posted by sio at 12:26| Comment(0) | スクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。