2006年06月23日

ハーバルセラピスト養成コース第5回

メディカルハーブカレッジのハーバルセラピスト養成コース、
第5回は『メディカルハーブと精油の安全性』でした。

日本では作用が激しく自己管理には不適なハーブは医薬品として
薬事法で管理されていますので、食品として売られているハーブは
安全と考えられるそうです。

確かにいつも飲んでいるようなハーブに『安全性』を意識しなければ
ならないようなハーブはなさそうです。(^_^;)
『安全性』に関しては、精油のがシビアですかね。
飲み方によっては死に至るハーブ…、
妊娠中に使用してはならないハーブや、薬との相互作用など、
は考慮する必要があり、

 ハーブ=作用が穏やか→いくら飲んでも何を飲んでも平気〜

はやはりダメですね。
ここまで極端ではないですが、若干このように思っていました。

次回は実習だ♪


posted by sio at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。