2006年06月30日

ハーバルセラピスト養成コース第6回

ハイペリカル
メディカルハーブカレッジのハーバルセラピスト養成コース、第6回は『メディカルハーブ製剤T』でした。


今日は講義の最後に実習があり、チンキとインフューズドオイルを作りました。

ハイパーカルチンキ(画像右)

 カレンデュラ(マリーゴールド)2g
 セントジョンズワート 2g
 ウォッカ(40度)100ml

ハイパーカルインフューズドオイル(画像左)

 カレンデュラ(マリーゴールド)2g
 セントジョンズワート 2g
 マカデミアナッツオイル 80ml

それぞれウォッカとキャリアオイルにハーブをしっかりと押し込み、
チンキは冷蔵庫で、インフューズドオイルは常温で2〜3週間漬け込みます。
チンキは漬け込んでいる瓶を毎日振るといいそうです。

カレンデュラは、皮膚や粘膜を修復し保護します。
セントジョンズワートは、消炎、鎮痛作用があります。

2週間後、完成したインフューズドオイルを使って、
リップクリームを作ろうと今から楽しみにしています。

ところで、チンキの外用としてのお薦めの使い方はありませんか?
皮膚にそのまま塗布、以外だと、ミストなどのスプレー系…でしょうか?


posted by sio at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。