2006年09月01日

ハーバルセラピスト養成コース第11回

メディカルハーブカレッジのハーバルセラピスト養成コース、
第11回は『女性のためのメディカルハーブ』でした。

内分泌系のホルモンについて、特に女性ホルモンについて、と、
女性ホルモンによる症状に作用するハーブの紹介でした。

体内で女性ホルモンのように作用するフィトケミカル成分、
フィトエストロゲンとされるハーブには
・チェストベリー
・レッドクローバー
・ホップ
・ブラックコホシュ
・大豆(イソフラボンですね!)
などがあるそうです。

フィトエストロゲンでなくても、更年期やPMSには
ラズベリーリーフやセントジョンズワートなど、
精油ではクラリセージやゼラニウムもいいですね。

クラリセージは私もPMS予防にその時期は意識して
使用するように心がけています。


posted by sio at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | スクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フィトケミカルをご存知ですか?
Excerpt: 「フィトケミカル(phytochemical)」とは、植物栄養素(しょくぶつえいようそ、phytonutrient)とも呼ばれ、植物由来の化合物や栄養素を指します。植物から得られる美容や健康・病気から..
Weblog: 悩み解消!悩み★ん(悩み解消ガイド)
Tracked: 2006-11-02 00:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。